胴体と腕を同調させて手打ちを防ごう!

スイングでよくある悩みのひとつとして、『手打ち』になってしまうという点があります。

『手打ち』の全てがダメだという事ではないのですが、どうしても腕だけに過剰な力が入ってしまい、スイングによって身体全体で生み出したせっかくの大きなパワーを、腕→クラブ→ボールへとスムーズに伝達する妨げになりがちです。

そこで本日は、手打ちを防ぐ練習として、‪写真の様に台に座った状態で、上半身のみを使い打つ練習をしていただきました😊

上半身のみでうまく打つためには、胴体と腕の同調が必要になります。この同調がうまくいくほど、身体全体の大きなパワーを打球に伝えることができ、力強いショットを打つことができるという理屈です。

この練習で、胴体と腕の同調する感覚をぜひ掴んでくださいね(^-^)

NAOKIゴルフ塾 / 大阪 堺市のゴルフスクール

ゴルフのスイングは初心者からベテランの方まで 何かしら必ず悩みがあるもの。 体型や動きの癖など、そのフォームは千差万別で、 誰一人として同じスイングというものは 存在しないと思っています。 NAOKIゴルフ塾では、その方特有の癖やフォームに合わせて、 お悩みを解決できるレッスンを提供いたします。