手元とクラブフェースの連動

今日は、手元の動きを意識するレッスンをご提供しました😊
ゴルフの難しいところの一つは、他のボールを打つスポーツ、野球・卓球・テニスに比べてクラブが長いことです。
また、その中でもアイアンとウッドでも長さが違ってくるので、同じようにスイングしてるつもりでも違ってくることが多々ありますよね💦
そこで今回のレッスンでは、手元を意識することで、どのクラブでスイングしても同じように、インパクトゾーンでクラブフェースが戻ってくるという、手元とクラブフェースの連動を知って頂きました。
方法は、クラブの根元に”面”を付けてその面だけを意識してスイングするという、とってもシンプルレッスンです😉
このグッズは、またまた手作りです(笑) たまたまおもちゃ売り場で見つけた、丸い面の付いたラケットを、ちょうどクラブを握るところに固定してみました。
グリップだけではどこを向いているか分かりづらいですが、この大きな面ならどこを向いているかが一目瞭然です♪
この面の動きをコントロールできれば、ミスショットを減らすだけでなく、球筋のコントロールまでできるようになりますよ!

NAOKIゴルフ塾 / 大阪 堺市のゴルフスクール

ゴルフのスイングは初心者からベテランの方まで何かしら必ず悩みがあるもの。 体型や動きの癖など、そのフォームは千差万別で、誰一人として同じスイングというものは存在しないと思っています。 NAOKIゴルフ塾では、その方特有の癖やフォームに合わせて、お悩みを解決できるレッスンを提供いたします。