オイコノミアを見て 〜過大評価と過小評価〜

先日、NHKの『オイコノミア』という番組を何気に見ていました。初めて見たんですが、色んな視点から経済学を考察する、というような番組みたいです😀

その回では、自身の力量を正確に判断できるか?という題目で、道行く人にアンケート調査していたんですが、その結果、6割の人が正確な判断ができ、2割の人が過大評価、残りの2割は過小評価をしていました😲
さらに、男性は自己を過大評価しやすく、女性は過小評価しやすい傾向にあるとの統計で、これが日本ではなく他の国だと、また違う傾向になるのかなぁとか思ったり。


それでふと、ゴルフに結び付けて考えたんですが、ゴルフの難しさ、特にコースラウンド中の難しさのひとつに、この『自身の力量を正確に判断できる力』というのは絶対にあるなと🤔
皆さんのラウンドを見ていて、2打目・3打目を打つ際に、グリーンやピンまでの距離計測をとても綿密にされてるなぁと感心するのですが、それに比して自身のボールが置かれている状況についてはあまりに無頓着かな、とも感じます。
傾斜やラフ、芝の生え具合や砂が混じっていたりなど、微妙なライの変化でショットの難易度はかなり変わって来ます。
それを気にせず、残り距離だけを見て番手を選択するがゆえに、ミスショットを連発し、混乱に陥ってしまう。。。😵

その難易度の判断は、何度もラウンドを重ねないとなかなか難しいものですが、意識していれば、気づけるようになりますよ❗️
その判断ができるようになって、『自分はここからピンを狙える力量があるのか?』という見極めをしていくことになります。
難しいと判断すれば、コントロールショットの得意な番手で、フェアウェイにキープできるショットを打つ。
ミスショットに振り回されるのではなく、ボールの行方を冷静にコントロールできれば、ゴルフというゲームがより楽しくなりますよ🎵

常に安全な選択を勧めているように聞こえるかもしれませんが、『難しいけどやってみたい!』というチャレンジ精神も、とてもいいと思います😙
ただ、1番大事なのは、『そのショット選択の結果がどうであれ、後悔だけは絶対にしないこと!』
これが一番、ゴルフで難しいことかも。。(笑)😅

NAOKIゴルフ塾 / 大阪 堺市のゴルフスクール

ゴルフのスイングは初心者からベテランの方まで何かしら必ず悩みがあるもの。 体型や動きの癖など、そのフォームは千差万別で、誰一人として同じスイングというものは存在しないと思っています。 NAOKIゴルフ塾では、その方特有の癖やフォームに合わせて、お悩みを解決できるレッスンを提供いたします。