スイング理論 〜右腕が左腕を邪魔する

常々、ゴルフの難しさについて考えますが、そのひとつとして、両手でクラブを握ってスイングをするという点にあるのかな、と思います。

本日のレッスンでは、バドミントンのラケット(100円均一の!)を使って、自宅でも出来る練習方法をお伝えしました☺️

・まずは左腕だけで軽く振って「ビュン!」と音を鳴らす練習をしてください
・次に両手で、右手はやや強めに握って、振ってみてください。右腕が邪魔をしている感覚が分かると思います
・次に、右手を軽く添えるだけにして振ると、左腕だけで振った時と同じ感覚で、軽くしなやかに振れて、同じように「ビュン!」という音が出るようになります

さらに、右腕では軽く押すだけの感触を身に付けると、更に振るスピードが早くなります!(公園のブランコで、お子様が乗っているのを軽く押す感じです。もし、力んだまま押すと、ブランコの揺れはぎこちなくなっちゃいますよね🙁)


もともと右腕に力が入りやすい方は、左腕を小さくたたみながら、ビュンッと音を鳴らすようなスイングをする、すなわち、小さい遠心力で早く振るスイングの練習がオススメです❗️

また、右腕をしっかりと伸ばしたい方は、右手は添えるだけで、右肩の肩甲骨を柔らかく使う練習と、肩甲骨を柔らかくするストレッチをしてみて下さい😊


NAOKIゴルフ塾 / 大阪 堺市のゴルフスクール

ゴルフのスイングは初心者からベテランの方まで何かしら必ず悩みがあるもの。 体型や動きの癖など、そのフォームは千差万別で、誰一人として同じスイングというものは存在しないと思っています。 NAOKIゴルフ塾では、その方特有の癖やフォームに合わせて、お悩みを解決できるレッスンを提供いたします。