ツアースティック レッスン! 〜ターゲットとアドレス

本日は、アドレス(構え方)の方向性についてレッスンをご提供いたしました😊

練習場ではマットに置くボール位置でも方向は変わります❗️
打席全体が何となく「あの看板を向いてる」と思い練習するのでなく、きちんとターゲットを決めて、そこに対して肩や腕のラインが平行になっているかをチェックすることがとても大切です😉
自分が意識しているターゲットと肩のラインがズレると、スイングプレーン(軌道)も安定しにくくなります💦
と言いますのは、ターゲットに対してズレた方向へアドレスをしてしまうと、勝手に脳内で正しい方向へ球を飛ばすスイングをしようと、無意識的な修正が入ってしまい、スイング自体が崩れてしまうことがあるのですね。。
折角、両脇が締まった肩に対して良い腕の振りが出来ているのに、姿勢と意識の間にズレがあることで、意識の方向にボールを飛ばそうと両脇が開いたスイングをしてしまい、結果飛び方がバラバラになり、訳が分からなくなるなんていうことに繋がるかも分かりません。。
そこで、本日はプロゴルファーも愛用している「ツアースティック」を用いて、ご自身のアドレスの方向性をしっかりと把握していただきました☺️
やはり思っているよりも、右や左に向いてしまっている方が多く、ターゲットを変えてみても同じ方向にズレているという方が多かったです。ご自身の向きやすい方向のクセを把握しておくと、自主練習でも気を付けて意識しやすくなるかと思いますので、ぜひ一度、このレッスンでチェックしてみて下さいね!

NAOKIゴルフ塾 / 大阪 堺市のゴルフスクール

ゴルフのスイングは初心者からベテランの方まで 何かしら必ず悩みがあるもの。 体型や動きの癖など、そのフォームは千差万別で、 誰一人として同じスイングというものは 存在しないと思っています。 NAOKIゴルフ塾では、その方特有の癖やフォームに合わせて、 お悩みを解決できるレッスンを提供いたします。