安定性を高めるスイング! 〜タオルドリル♬

今日は、いよいよブリジストンオープンが開始❗️と思いきや、悪天候のため中止、競技は54ホール勝負になりました😊
実は今回、全英メジャー2位のマット・クーチャープロが参戦❗️
この選手は、どんな時もにこやかに、マイペースのゴルフをされます。
クラブも特徴的で、シャフトがかなり軽め(日本の一般男性が使うシャフトと同等かそれよりも軽め)、安定性を重視し、スイングも軽く振ります。
このパワーゴルフの現代では、珍しいタイプのゴルファーです。しかも身長は193㎝なんです😳
このプロ、実は私と同じ39歳、好きなゴルファーの一人です😊

ということで、彼の安定したスイングを観察すると、上腕(二の腕)が胴体にピッタリ付いて、胴体と腕が同調するスイングになっているなと思います😲

彼は飛距離ではなく、この安定するスイングで、全英2位になったのですね❗️

そこで彼のように上腕と胴体が同調するスイング練習ドリルをご紹介😉
方法はとっても簡単✨
写真のように、タオル(少し長めがいい)を体の後ろから巻いて腕で挟みます!

ポイント
・タオルを落とさないようにと、脇を強く締める意識はNG!力まなくても大丈夫!!
・右脇に挟んだタオルは、インパクト後のフォロースルーで外れるのが理想。
・左脇のタオルは、フィニッシュまで外れないのが大事!

安定性を重視する方は、是非お試しくださいね😉

NAOKIゴルフ塾 / 大阪 堺市のゴルフスクール

ゴルフのスイングは初心者からベテランの方まで 何かしら必ず悩みがあるもの。 体型や動きの癖など、そのフォームは千差万別で、 誰一人として同じスイングというものは 存在しないと思っています。 NAOKIゴルフ塾では、その方特有の癖やフォームに合わせて、 お悩みを解決できるレッスンを提供いたします。